転職でコミュニケーション能力を重要視する理由

経験年数が長いと自分が優秀な人材であると思ってしまうことがあります。
しかし、一つの会社でしかも一つの仕事ばかりしている人材というのは実際のところ使いにくいものですから、採用する側も悩んでしまうことがあります。

技能は万能ではありませんから教科書みたいな文言である「コミュニケーション能力」を見てしまい、技能だけでは生き残れない事態が起こることがあります。
会社は組織ですからどうしても人との会話は必要です。
さらにそれらの意見を聞いて意見を調整する存在が必要になりますから自分の意見ばかり言っていては組織の秩序が破たんします。

転職は両極端です。
自己主張をきちんとする人材もいれば一切を他人の決定に依存して自分では何も決められない事態も発生します。
自己主張は重要ですし、相手の意見を聞くことも重要ですが、結局はそれが会社にとってメリットになることが一番優先されるべきことです。
その会社にとって何がメリットであるかどうかを転職直後の人材が分かるはずもないと言えばそうなのですが、それでも会社側としてそのことを理解して職務についてほしいのです。

Pickup
40歳以上が求人を見つける方法
40歳以上の求人情報だけではなく転職するためのポイントも公開

公益社団法人 全国労働基準関係団体連合会

優秀な人材は重要です。
しかし、会社にとって優秀な人材が重要なのであってその人だけの能力はそれほど重要視されないのも仕方がない事です。
組織の中に自分がいてその中でもその会社のために最大限の利益をもたらすような人材こそが最も優秀な人材であり、企業が欲する人材像です。
そういう意味でコミュニケーション能力が重要なのです。