転職する前に重要な2つのポイント

転職する前に、現在の仕事を辞めるに相応しいか十分に検討し、転職すると決めた場合2つポイントがあります。
ひとつめは、「転職先を事前に調べること」

転職情報誌等を見て転職を決める場合、待遇面や給与面を重視する傾向が多いですが、自宅との距離や休日、労働時間が書いてある通り守られているかということが重要です。住所を見る限り近くて良いと思っても、実際には駐車場がなかったりすることがあるので、できれば実際にその会社の前まで行ってみるといいでしょう。求人誌を見ているだけでは発見できなかったことを見つけることができる場合もあります。休日と書かれている日に本当に休んでいるかどうか。就業時間外に夜遅くまで明かりがついていないか等、チェックすることが会社選びを失敗しないコツです。

ふたつめは、「退職時はなるべく円満退社すること」
同じような職種に転職するとき、前職の仕事で培った経験というのは非常に重要です。そのため極力円満退社しましょう。前職のクライアントや上司等、なにが縁で仕事に繋がるかわかりません。次の会社の顧客が前の会社と同じだったり、嫌いな上司が競合先で、人間関係が悪かったために安価で仕事を取られてしまう等、実際にしばしば起こり得ることですので、なるべく円満に退社していくべきです。引継ぎ等もしっかりと手を抜かず、滞りのないようにしておきましょう。

【参考】
http://xn--21-3b1eq28ejpq.net/
21歳で転職を考えている方へ転職活動の手順を紹介