未知への転職


 転職を考えた場合、おおまかに分けてその道は二つあるでしょう。一つは、前職での経験を活かして、同じような仕事へと転職をするという転職法です。しかしながら、誰もが前職の経験を活かした仕事に転職をしたいとは限りません。そう、転職によって未経験の業種へと飛び込んでみたいと考える人も近年では多くいて、その理由は様々でしょう。例えば、ある人は自らに合わない業種だったと感じて未経験業種に転職したり、またある人はこの業界はもうコリゴリだという理由から転職するのかもしれません。では、未経験の業種へと転職する際の大きな壁とは、一体何でしょうか?

第二新卒の壁が語る


 第二新卒という言葉があります。この言葉には大きく分けて二つの意味があります。一つ目の意味は、大学卒業後3年以内という若者です。ですが、転職者を語る上ではこちらの意味よりも、後者の意味が重要になってきます。もう一つの意味は、「新卒で入社して会社から退職した若者」です。労働問題における「七五三」という言葉は、初入社後の社員の離職率を表す言葉です。最終学歴が中学校なら七割、高校なら五割、大学なら三割の社員が初入社した会社を三年以内に離職するという計算が出ています。

 さて、この第二新卒の人材は非常に需要があります。何故なら、まずは前職の職場で教育を受けているために、教育の手間が一部省けるからです。そして、なによりも、「若さ」を持っています。日本は年齢に異常に厳しい国で、例えば新卒一括採用はその極みだと言えるでしょう。未経験の業種への転職は30歳から35歳が限度だと言われています。方向を変えたいと願うなら、なるべく早く転職を行うのがベストでしょう。

お役立ちサイト
既卒の就職活動に不可欠な要素